行业动态

《今日のイノベーション》スマート自動車分野で法律を制定  責任の分担をはっきりと

发布时间:2017-09-11 20:20:00 作者:baobao 来源:科创365、市科工信局-张远鹏

スマート自動車分野で法律を制定  責任の分担をはっきりと

428.jpg

 先日、天津で、国家発展改革委産業調整司呉衛処長が以下のような発言をした。スマート自動車産業の速やかな発展とともに、新たな問題も出てきた。それに応じて、発改委がスマート自動車産業における発展の行動綱要となるように、発展の戦略をめぐる草案を策定している。それと同時に、同分野での法律の制定も速め、公共道路テストや運転手の責任分担などの面ではっきりと規定をつける方針だ。



イノベーション関連銘柄 15社が連合上場

815.jpg

 上海株委託管理取引センター「イノベーション関連銘柄」で、第六回15社がやってきた。これで、同センターで上場した企業の数が137社に上がった。今度上場した会社の中で、国家あるいは上海「十三カ五年」企画の重点分野に所属するのが12社、あと5社が「ハイテク企業」「専精特新」「双ソフト企業」などの称号を得た企業だ。その15社が獲得した特許合計12項、実用新型特許合計73項、外表設計特許が合計18項、知的所有権合計32項だ。イノベーション関連銘柄は、中小イノベーション企業の直接融資プラットフォームとして、上場企業の融資の満足率が業界のトップとなっている。



初の5GNRをサポートする試験プラットフォーム  インテルが発表

255.jpg

 最近、インテルが業界で初の5GNRをサポートする試験プラットフォーム—第三代インテル@5Gモバイル試験プラットフォーム(MTP)を発表した。これは業界で早期的な基礎設備で、5Gネットと関係端末に対し、実地試験や相互操作性のテストを迅速的に行うプラットフォームだ。計画では、今年の四半期において、実地試験など関係試験で新たなNRモードをサポートする見込みだ。



初の電子  イギリスの自由電子レーザー加速器CLARAが産出

76.jpg

 先日、イギリス科学技術施設研究理事会に所属するダレスバーリ試験室で、自由電子レーザー加速器(FEL)がほぼ完成済みで、初の自由電子を産出した。それはイギリス自主設計のコンパクト線型加速器CLARAが機能正常で、まもなく正式に運営できると意味する。それにより、わが人間が世界を探査する新たなドアが開かれた。



最新の発見:アインシュタインのダークエネルギー理論の是正が疑問

900.jpg

 最近、国家天文台研究員趙公博が率いる国際協力研究チームが、最新の観測されたデーターを分析し、時間の経つとともに変化するダークエネルギーの証拠を発見した。同結果により、百年の前、アインシュタインにより提出されたダークエネルギーの実体が「宇宙学常数」ではないと証明できるかもしれない。関係研究に対し、大変有意義だという。



障害児も歩ける、カナダがロボット外骨格装置を開発

67.jpg

 カナダはこのほど障害児も立ち上がり、歩けるようにさせるロボット外骨格の開発に成功した。一度充電すると一日中使用できるという。両親は、装置に装着されたタブレットを利用して、追跡やバラメーターの調整を行うことができ、完全な宙吊りから完全な積載への調整が可能になり、状況による子供の必要を満足させることができる。ほかに、電力駆動のマシン足によって、子供は膝と股の調整が可能になり、月面漫歩のように歩くことができる。



中国研究者、再利用可能な農薬を開発

537.jpg

 中国科学院合肥物質科学研究院技術生物所所属の呉正岩研究員率いるプロジェクトチームがこのほど再利用可能なpH緩効性農薬の開発に成功した。この成果は、農薬利用率の大幅な向上、農薬使用量の減少、農薬による農業地ノンポイント汚染の削減などに役立つという。今回の研究成果は、国際化学工業学界において広く知られている『化学工程』誌に掲載されている。



未来科学大賞発表

23.jpg

9月9日、「中国版ノーベル賞」とも呼ばれる第2回「未来科学大賞」が北京で発表された。構造生物学者である清華大学の施一公教授、量子通信衛星「墨子号」の主席科学者である中国科学技術大学の潘建偉氏、北京大学国際数学研究センターの許晨陽教授がそれぞれ「生命科学賞」、「物質科学賞」、「数学と計算機科学賞」を受賞した。3人には賞金として一人当たり100万ドルが授与される。



「南京ソフトウェアバレー?米クアルコム連合イノベーションセンター」が設立へ

622.jpg 9月9日、中国(南京)ソフトウェアバレー、クアルコムおよび睿誠華智科技有限公司(Nibiru)3社は、南京第13回中国(南京)国際ソフトウェア製品及び情報サービス交易博覧会の開催中に協力枠組協定に署名した。これから3社は共同で「南京ソフトウェアバレー?米クアルコム連合イノベーションセンター」を設立し、共に双創(都市と企業?事業単位の創建)事業の推進や、南京市および江蘇省内の企業の知能端末とモノのインターネット分野におけるイノベーションの促進のために協力し合う予定である。



国防科技大学の院生、「違法飛行」防止システムを開発

715.jpg

 国防科技大学電子科学学院の大学院生が研究?開発した「対小型無人機受動探知?測位システム」が第12回中国大学院生電子設計大会全国総決戦で団体特等賞を受賞した。このシステムの特徴は、無人機の遠隔制御の電波の受動的な受信が可能なため、無人機やその制御者に対し、探知?測位?追跡を行い、電子地図の上にそれらを正確に表示することが可能である。それから無人機の違法飛行を妨害したり、不時着させたり、駆除したりすることができるほかに、無人機の操縦者まで見つけることができる。



上海の大学が世界のトップクラスの大学になるために、チャンスをつかみ具体的に行動しよう

 昨日、本欄に発表された論説『上海に世界トップクラスの大学をさらに増やそう』は、上海の大学の学長や教授たちの熱い議論を引き起こした。ある上海の大学の学長は、「上海がグローバルな影響力のある科学イノベーションの中心になるには、複数のハイレベルな大学が必要であるが、現状はまだまだである。時は我々を待たない。いち早く決断を下し、目標を定め、追いつき追い越すための具体的な措置を実行しなければならない」と語った。また、華東師範大学のある著名な教授は「蘇州大学が普通の大学から世界の大学トップ500にランクインしたことは、上海政府と大学首脳陣にとって深く考えるに値するであろう。また香港科技大学は開学して十数年で既に世界の大学トップ100入りを果たしたが、我々はその中の多くの経験を真剣に学ぶ必要がある」と述べた。

 数多くの議論を踏まえて、我々は次のように考える。

 第一に、早急に目標を定め、プライオリティを明確にし、長所を伸ばし短所を正す。

 第二に、上海をグローバルな影響力のある科学イノベーションの中心に発展させていくという政策と緊密に連携してこそ、当該の必要性に対するモティベーションが高まり、積極性や創造性が発揮され、政府の更なる支持が得られる。

 第三に、チャンスをつかみ、上昇速度を上げることが必要だ。香港科技大学は開学十数年にして世界の大学の中の58位のハイレベル校にまで成長した。我々は一般的な呼びかけに留まってはいけない。なぜならば、年を重ねると、進歩は緩く、あるいは足踏みする可能性もあるためである。世界中の大学はみな競争の中で成長を遂げているのだから、足踏みは後退と同じである。

 第四に、世界の大学間の競争は、結局人材の争いである。我々は正に世界中の逸材を発掘しこれを用いなければならない。全世界のトップクラスの人材が自ら上海に駆けつけ、来たらリーダーシップを発揮して、イノベーションに対して長期に渡る持続的な協力ができるようにするべきである。

 第五に、科学研究は常に世界の科学技術の最先端の分野やトピックに注目すべきである。これは香港科技大学の重要な経験である。世界の科学技術の最先端を目指し、世界トップクラスの人材を集めることは科学技術の難題を解決するための重要な鍵である。

 第六に、科学技術の成果の転化を推し進め、経済建設のために最新の科学イノベーションの成果を続々と提供していかなければならない。

 上海により多くのグローバルな影響力のある、トップクラスの大学を「誕生」させるために、我々は力を合わせて努力していかなければならない。